高松城


高松城の歴史を訪ねる。(月見櫓)
P1000558.JPG


丑寅櫓
P1000554.JPG


天守閣跡
P1000547.JPG


天守閣復元イメージ
P1000551.JPG


石垣
P1000552.JPG


高松城跡
P1000555.JPG


海水取り入れ口
P1000546.JPG



高松城(讃岐国)

通称  玉藻城

城郭構造  輪郭式平城

天守構造  独立式層塔型3重4階地下1階(1669年改)

築城主  生駒親正

築城年  1590年(天正18年)

主な改修者  松平頼重、松平頼常

主な城主  生駒氏、松平氏

廃城年   1869年(明治2年)

遺構 櫓、門、渡櫓、石垣、堀

指定文化財  国の重要文化財(北の丸月見櫓・水手御門・渡櫓、旧東の丸艮櫓)、国の史跡

再建造物 御殿



高松城(讃岐国)

別名「玉藻城」は、万葉集で柿本人麻呂が讃岐国の枕詞に「玉藻よし」と詠んだことに因み、

高松城周辺の海域が玉藻の浦と呼ばれていたことに由来するとされている。

高松城は、豊臣秀吉の四国制圧の後、天正15年(1587年)讃岐1国の領主となった生駒親正

によって、「野原」と呼ばれた港町に築かれた。現在見られる遺構は、江戸初期に徳川光圀

の兄で常陸国から12万石で高松に移封された松平頼重によって改修されたものである。

近世城郭の海城としては、最初で最大の例で[1]、「讃州さぬきは高松さまの城が見えます

波の上」と謡われている。本丸に建てられた天守は、最下重が萩城や熊本城の天守のよう

に天守台より出張り、最上重が小倉城や岩国城の天守のように「唐造り」であった。

その様子は、解体される以前に写真におさめられ、また1884年にイギリスの週刊新聞

「ザ・グラフィック」でイギリス人のヘンリー・ギルマールの絵によって紹介されている。

現在は、三重櫓や門など一部の建物と一部の石垣、堀が現存し、城跡は「玉藻公園」

として整備されている。


日本の「城」巡りTOP









posted by oojijisun at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。